Information Column[情報コラム]

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»ヨーロッパ風の家づくり〜内装編②(クラシック)〜
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

イベントキャンペーンのお知らせ

2017.07.22

ヨーロッパ風の家づくり〜内装編②(クラシック)〜

 

前回に引き続き、ヨーロッパ風クラシックスタイルのポイントを紹介します。
 
○色
家具は色を統一させます。
白や濃い木目のブラウンなどのダーク系の色で統一するといいでしょう。
濃い木目とは具体的にオーク、マカボニー(赤っぽいこげ茶)、ローズウッド、ナッツなどのことです。
上級者は全体を暗めのレッド等、白やブラウン系以外の色で統一しても素敵です。
そしてアクセントカラーにはエンジ色やカーキ色がよく合います。
 
○カーテン
カーテンはお部屋の印象をがらりと変える重要アイテムです。
 
凝ったデザインのスタイルカーテンを選ぶとよりエレガントな印象になります。
また、機能的なレールが丸見えではせっかくのカーテンも台無しです。
レールをカーテン生地で作ったバランス(見た目をおしゃれにするために付ける装飾のこと)や木製のカーテンボックスなどで隠す、見た目が華やかな装飾レールを使うなど工夫をするとぐっと高級感が出てきます。
生地はたっぷりと使い、両開きのカーテンでも2~3倍のプリーツを取ると豊かな印象になります。
 
次回は最終回です!
お楽しみに!







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.