Information Column[情報コラム]

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»知らないと損する!? 注文住宅の床のイメージ、本当にこれで大丈夫?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

イベントキャンペーンのお知らせ

2017.11.01

知らないと損する!? 注文住宅の床のイメージ、本当にこれで大丈夫?

 

前回のブログでは、注文住宅を建てる時には様々なこだわるべきポイントがあることをご紹介しました。
今回はその中でも、家にいる中では最も体に触れることが多いであろう部分、床について大まかなことを書いていきたいと思います。
 
■床と言っても種類は色々!
 実は床と言っても様々な種類があります。すぐに思いつくものだとフローリング、畳などがあげられるのではないでしょうか。
単にフローリングといっても継ぎ足しが少ない無垢フローリングと、広く使われていて、部品が張り合わされて作られる複合フローリングがあります。

さらに、同じ種類のフローリングでもどの木を使っているかによって異なった特徴を持ちます。
 それだけではありません。フローリングや畳以外にも、コルク、カーペット、タイル、ビニール、クッションフロア、さらに竹や藤まで。床のバリエーションは本当に豊かです。
 
■まとめ
 いかがでしたか。
床と言っても様々種類があることを納得いただけましたか。
今回は種類にしぼってみていきましたが、これだけではそれぞれがどのような特徴を持っているのかわからないと思います。
そこで、次回以降は今回あげた床について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.