Information Column[情報コラム]

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅の床は何がおすすめ?メリット、デメリットも! オーク編 
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

イベントキャンペーンのお知らせ

2017.11.09

注文住宅の床は何がおすすめ?メリット、デメリットも! オーク編 

 

 以前までのブログでは注文住宅には多くのこだわるべきポイントがあるということ、そして前回のブログでは床の一種である無垢フローリングに用いられる材料の大まかな特徴を見てきました。
今回のブログではその中の一種であるオークについてみていきたいと思います。
 
■そもそもオークって?
 オークとは楢(ナラ)のことです。なんといってもフローリングに用いられるオークの特徴はその木目です。
木目はかなりはっきりしており、比較的明るい木の色合いによく映えます。
そしてその色合いが、見る人をはっとさせるような重厚感を醸し出します。
 
■バランスのいいオーク!
 以前お伝えしたように、無垢材は時を経ると水を吸って痛んでしまったり、傷つきやすいなどの弱点を持っています。
このために無垢材を敬遠する人も多いでしょう。

しかしオークに関してはそのような目立った欠点はありません。
というのもオークは古くからワイン樽などに利用されてきたこともあって水に強く、また堅く反発性にも優れることから衝撃にも強いためです。
あえて欠点を上げるならば堅い故、木ならではの温かみにやや欠けることでしょうか。
 
■まとめ
 いかがでしたか。
オークは木目が目立ち扱いやすいという特徴を持ちます。次回は同じく無垢フローリングの材料であるパインについてご紹介します。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.