アトリエサクラの家づくり[House structure of atelier SAKURA]

アトリエサクラ トップページ

HOME » アトリエサクラの家づくり[House structure of atelier SAKURA]


お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園 しずおか優良木材 ZEH(ゼロエネルギー住宅)

アトリエサクラの家づくり[耐震性能と耐久性の確保]

アトリエサクラの家づくり[基礎]一般仕様を大幅に上回る堅牢なベタ基礎

耐震性能と耐久性の確保 耐震性能と耐久性の確保 当社の基礎は面で支えるベタ基礎・布基礎と比べて安定した基礎強度が得られます。その立上がり幅は通常の120mmを越える150mm、しかもベースは150mm厚です。鉄筋の太さは13mm、15cmピッチで張り巡らせて建物を支えます。しかも、中には防湿シートを敷きこんで住まいの大敵“地中からの湿気”をシャットアウト!地震に強く、湿気からも建物を守ります。


鉄筋コンクリートベタ基礎

防湿シート

防湿シート

コンクリートは湿気を通します、防湿フィルムを基礎全体に敷き詰め地面から床下への湿気をシャットアウトします。
  基礎幅150mm厚

基礎幅150mm厚

基礎の立ち上がり幅は通常の120mmより厚みを持たせた150mm幅の基礎を標準仕様としております。これは木造3階建ての基準です。
D13・150mm鉄筋

D13・150mm鉄筋

鉄筋そのものも一般より1.3倍も太いD13を使用。さらに間隔は150mmピッチなので、まるで網目のように見えます。
 
コーナーハンチ

コーナーハンチ

最も力が加わるコーナー部分に『コーナーハンチ』を設けることにより、耐震性の大幅アップを実現しています。
※他の工務店さんよりかなり大きなハンチを施工してます。
スラブ厚150mm

スラブ厚150mm

鉄筋コンクリートにおける配筋のかぶり厚とコンクリート強度は基礎をつくる上でたいへん重要です。
 
基礎全景

コーナーハンチ

建物を形成する上で、大もとになる部分です。基礎は材木のように仕上がってしまうと加工する事が困難です。配筋からコンクリートと精度の高い品質を追求しています。



メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.