アトリエサクラの家づくり[House structure of atelier SAKURA]



お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園 しずおか優良木材 ZEH(ゼロエネルギー住宅)

アトリエサクラの家づくり[ダイライト工法]

地震・台風・火災に強いダイライト工法

「木造軸組工法」+「耐力面材ダイライト構法」で更なる強度と耐久性 「木造軸組工法」+「耐力面材ダイライト構法」で更なる強度と耐久性アトリエサクラの基本構造は、日本家屋の伝統工法として伝わる木造軸組工法です。 北米生まれの合板等のパネルに頼る2×4工法より、腐りに強い骨太の材木を柱や梁や筋交いに使用する軸組み工法の方が、日本の高温多湿な気候風土に適していると言われ、日本の住宅の70%以上が伝統的な木造軸組みでつくられております。 しかしながら、土台、柱、梁で支え、筋交いという部材で歪みを軽減する「点」と「線」で支える木造軸組み工法に比べ、2×4工法はパネルという「面」で支えるため耐震性の強い家を作ることができます。
アトリエサクラでは木造軸組み工法をベースに2×4の「面」で支える利点をプラスしたダイライトパネル工法を併用することにより、間取りの自由度はそのままに、耐震性・防火性・透湿性をより高めた住いを提供いたします。



「耐震等級3」相当の強度を実現

「木造軸組工法」+「耐力面材ダイライト構法」で更なる強度と耐久性

● ダイライト VS 構造用合板 燃えにくい無機質エンジニアパネル

耐力壁の材質でおもに使われているの材料は、MDF・OSB・構造用合板なのですがダイライトとの違いは、すべて木質系でできていることです。
ダイライトは燃えにくい無機質原料(鉱物質繊維と火山性ガラス質材料)で出来ています。 木質系合板に比べ、家にとって一番重要な耐久性・防火性に優れた性能を発揮します。準不燃、防火構造の認定を取得していますので、火に強く、火を防ぎ、さらに防火サイディングとの併用で2重の防火性能を発揮します。
ダイライト工法は合計壁倍率5

● 壁倍率5.0のパワー

壁倍率とは地震・台風などにより、外壁に加わる水平方向の力に、壁自身が抵抗する能力の大きさを比で表したもので、数値が大きいほど強度が高くなります。ダイライト工法は合計壁倍率5という公的に認定されている最大値にあたる強度を実現できます。
土中埋没試験(当社測定)

● 優れた防腐性・防蟻性

6ヶ月土中に埋める実験でも外観・強度とも変化はありませんでした、またシロアリが食料とする成分を全く含まない無機質素材ですので防蟻性にも優れています。

● 湿気を放出!高い透湿性

ダイライトは湿気を良く通すので結露を防ぎます、合板の3~4倍も湿気を通します。




メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.